膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに!

膝が痛いのは、骨盤のゆがみも関係しています


膝が痛いのは骨盤がゆがんでいる事が原因かもしれません。

というのは、骨盤がゆがむ事で、体全体のバランスは当然のごとくゆがみます。

ゆがんだ状態ではまっすぐ歩けませんから、それを修正するために左右または前後どちらかに負担をかけながら生活する事になります。
もちろん、これは無意識に行っている事。

1日や2日負担をかけている分には、特にどこも痛くはならないと思いますが、その状態が半年も1年も続いたらどうでしょう?
少しずつ蓄積された負担が、ある時耐えられなくなって現れます。

急に膝が痛い、と訴えるのは、こういう事なんですね。

骨盤のゆがみは、思っている以上に様々な体の不具合を起こします。
骨盤はなんといっても体の中心の最も大きな骨ですし、骨盤は内臓の重量をすべて支えているわけですから。

骨盤ベルトなどで骨盤を正しい位置にすることで、正しい歩き方ができるようになります。

同時に膝サポーターで膝への負担を軽くしつつ軟骨成分を補い、トレーニングも行えば、いつまでも自分の足で元気に歩くことが可能になります。

手術が必要なくらい悪化してからでは、骨盤ベルトも膝サポーターも軟骨サプリも役に立たないでしょう。

ぐんぐん歩ける膝らくサポーター







| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝が痛いのは、軟骨がすり減るのが原因。


膝が痛いのは、軟骨がすり減る事で太ももの骨とすねの骨がぶつかり合うのが原因。

若い時は、太ももの骨とすねの骨の間には弾力があってツルツルしている軟骨がしっかりとクッションの役割を果たしています。

軟骨は膝に衝撃があるたびにすり減ってしまいますが、若い時には再生能力が優れているので、軟骨はまたすぐに再生されますから膝が痛いという症状はないはずです。

しかし加齢とともに軟骨再生能力も衰えるので、歩くたびに再生するよりもすり減る量が多くなり、やがて骨同士がぶつかり合って膝が痛いという症状が出てくるわけです。

では、病院へ行くとどのような処置をするか?といえば、レントゲンを撮り、痛みを和らげる注射と貼り薬(モーラステープが一般的)を処方してもらう、その程度です。

ひどい場合はヒアルロン注射などもしてもらえますが、合計で3回ほどしかできません。
それ以上は効果がないですし、正直、ヒアルロン注射は一時的な効果もあやしいくらい効きません(笑)。

それよりは、ヒアルロン酸サプリメントなどを継続的に体内から補充したほうがよっぽどましですし、結果的に安く効果が出ます。

同時に、膝への負担を軽くすることが大切です。

24時間テレビマラソンでもその効果をいかんなく発揮している、坂本トレーナー着用の「膝らくサポーター」などで、軟骨を極力残しつつ、軟骨成分サプリで少しずつ補い、簡単なトレーニングを行う、というのが最も効果が高いと思います。

ぐんぐん歩ける膝らくサポーター






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝が痛い 痛みが出てきたら適切な処置を


急に膝が痛いな・・・と感じたら、どうすればいいのでしょうか?

基本的には膝が痛いのは、変形性膝関節症ですので、それは放っておくとどんどん悪化の一途をたどります。

ですから早めに適切に処置をすること、同時に膝への負担を軽くしつつ、膝周りの筋力アップトレーニングを行う事が大切。

病院(整形外科)へ行くと、レントゲンを撮影しますが、特に異常がないのに膝が痛い場合もありますし、軟骨がすり減って関節同士が相当近い状態にある場合もあります。

でも、すぐに手術するほどの事でなければ、まず膝への負担を極力軽くすることが一番。

膝らくサポーターなどで、普段歩くときの膝への負担は軽くしておきましょう。

膝の負担を抑えて安定した歩き方をサポートする膝らくサポーター


次に靴。

靴は、クッションがしっかりしたものを選ぶ事。
これだけでもかなり膝と足全体への負担は違ってきますよ。
できれば中敷きもクッション性の高い、少し厚みのあるものを選んでください。
サイズに合った靴を選ぶのは当然ですが・・・。

家では、膝周りの筋力アップトレーニングをしましょう。
といっても簡単なトレーニングでいいです。

イスに座った状態で、膝から下を上げたり下げたりといった簡単なものでも、膝周りの筋力が少しでもつけばクッション代わりになるんですよ。

水平まで上げられない人は、上げられるところまででいいです。
あくまでも無理は禁物。余計に悪化させるようなトレーニングならやらないほうがましですからね。

膝の負担を抑えて安定した歩き方をサポートする膝らくサポーター










| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。