膝は治しながらも歩かなければいけないその理由 - 膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに!

膝は治しながらも歩かなければいけないその理由


膝が痛いから、動かさないほうがいい・・・

それは間違いです。

膝の痛みは、軟骨を補充しながら、膝周囲の筋肉を発達させることで治っていくもの。

痛いからと歩かなくなったり、膝を過保護にすることは、膝を支える周囲の筋肉を衰退させるためますます膝の痛みは強くなる事になります。

だからこそ、信頼できるサポーターを着用し、無理をしない程度には歩かなければいけないというわけです。


24時間テレビで、常にランナーのそばでサポートしている年配の方は、坂本トレーナーという人ですが、タレントさんという大事な人材をまかされるほど、そのランニングトレーナーとしてのウデを見込まれている人です。

そんな坂本トレーナーが監修した膝用のサポーターですから、膝サポーターとしては他に類を見ないほどおすすめのサポーターになっています。


夏はさすがに暑かったので、ついついサポーターを装着することをおっくうに思った方も多いと思いますが、秋から冬にかけて、逆に坂本トレーナーの監修サポーターは温かくなる素材を使っているので、保温という意味でもおすすめです。

最近のシンプルなサポーターに比べると、すこし大げさに見えますが、冬は防寒対策としても秀逸ですし、なにより膝に軽いバネがついたように歩けるので、筋力維持には確実に役立つと思いますよ。

有名なトレーナー監修のわりに、お値段も控えめなところもおすすめの理由です。







膝が痛い・・・膝サポーターの決定版カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。