膝が痛いのは、軟骨がすり減るのが原因。 - 膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに!

膝が痛いのは、軟骨がすり減るのが原因。


膝が痛いのは、軟骨がすり減る事で太ももの骨とすねの骨がぶつかり合うのが原因。

若い時は、太ももの骨とすねの骨の間には弾力があってツルツルしている軟骨がしっかりとクッションの役割を果たしています。

軟骨は膝に衝撃があるたびにすり減ってしまいますが、若い時には再生能力が優れているので、軟骨はまたすぐに再生されますから膝が痛いという症状はないはずです。

しかし加齢とともに軟骨再生能力も衰えるので、歩くたびに再生するよりもすり減る量が多くなり、やがて骨同士がぶつかり合って膝が痛いという症状が出てくるわけです。

では、病院へ行くとどのような処置をするか?といえば、レントゲンを撮り、痛みを和らげる注射と貼り薬(モーラステープが一般的)を処方してもらう、その程度です。

ひどい場合はヒアルロン注射などもしてもらえますが、合計で3回ほどしかできません。
それ以上は効果がないですし、正直、ヒアルロン注射は一時的な効果もあやしいくらい効きません(笑)。

それよりは、ヒアルロン酸サプリメントなどを継続的に体内から補充したほうがよっぽどましですし、結果的に安く効果が出ます。

同時に、膝への負担を軽くすることが大切です。

24時間テレビマラソンでもその効果をいかんなく発揮している、坂本トレーナー着用の「膝らくサポーター」などで、軟骨を極力残しつつ、軟骨成分サプリで少しずつ補い、簡単なトレーニングを行う、というのが最も効果が高いと思います。

ぐんぐん歩ける膝らくサポーター






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 膝が痛い時のサポーターなら24時間テレビマラソンがヒントに! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。